個人的名作アクションRPG「ハイドライド・スペシャル」

個人的にかなり評価の高いアクションRPGのひとつ「ハイドライド・スペシャル」なんですが、世間的な評価はイマイチなんですよねぇ…なんででしょ?ちなみに現在の中古価格も投げ売り状態なので興味のある人はぜひ。
 
元はPC向けにリリースされた「ハイドライド」をファミコン版にアレンジしたもので続編の「ハイドライドII」の要素も取り入れてるそうな。そのせいもあってかファミコンでの続編は2を飛ばして3になってますね。PC版の方は遊んだことがないんですが、元のPC版が高い評価を受けていた事を考えるとアレンジ部分が低評価の原因でしょうか?
 

f:id:gamerihabiri:20160915200147j:plain

 
グラフィック、世界観等々、当時かなりのツボでした。親切な説明も一切なく、その分想像力を刺激されました。今遊んでもそれなりに楽しめます。
 
 
当時のファミコンゲームの中でも高めの難易度でかなり歯ごたえのあるARPGが楽しめます。当時まともに(裏ワザ等を使わず)クリアした人は少なかったんじゃないかなと。そこら辺も評価の低い理由かも?PC版に比べ難易度は下がってるみたいなんですけどねぇ…手に入れる機会があればぜひ元祖PC版も遊んでみたいです。
 
そうそう、当時なんらかの媒体でハイドライド・スペシャルのマンガを読んだ記憶があるんですが、憶えているって方いますかね?ハイドライド・スペシャルの世界観を補完してくれてワクワクしたのは憶えているんですが作者、媒体ともに記憶にないんですよねぇ。ぜひもう一度読んでみたいなぁー