Game ! Gamer ! Gamest !

レトロゲームを中心にゲームについてアレやコレやと

ロードス島戦記プレイ雑記その3

ロードス島戦記SFC


1995年にスーパーファミコン向けに発売されました。PCエンジン版やメガCD版の後発でありながらロムカセットという事もあって演出等では見劣りする部分があるもののオリジナル要素もあったりと意欲的な作品です。


f:id:gamerihabiri:20190820172315j:image


内容としてはRPGですが、戦闘にちょっと変わった要素が組み込まれてます。タクティカル形式の戦闘なんですが敵陣地の後方に穴?が空いていてそこに敵のボスを落とす事でアイテムや経験値のボーナスなどが発生します。


f:id:gamerihabiri:20190820172326j:image


敵を攻撃する事でノックバックさせて敵陣地後方にある穴に落とす感じです。ボスの前に邪魔な敵がいても前の敵を押し出す事で後方にいる敵を落とす事もできるので普通に敵を倒すだけでなくどのように押し出すか?などの幅広い戦い方が可能です。ちなみに敵にはボスとなるキャラクターが一人必ず配置されていますが、戦闘開始時にはどの敵がボスかは不明で攻撃を当てる事によって判明します。通常のタクティカル形式の戦闘からチェスや将棋のように相手を詰むような戦い方もできるこの戦闘は面白かったです。


またスーパーファミコン版の特徴としてカーラ、ベルド、ファーンといったキャラクターをプレイする事ができます。章立てになっていて各章でこれらのキャラクターを操作、最終章でお馴染みのパーン達を操作します。特にカーラの章は原作小説を知っている方ならお馴染みのスペシャルスキル、相手の身体を乗っ取る事で強化していきます。魔神戦争からパーン達が活躍する時代までの間にこれらの英雄達が何をしていたのかが語られるのでロードス島戦記好きなら必見ですな。


難点としては、エンカウント率が高めなのでダンジョン探索(というか普通に迷路っぽいw)が結構面倒です。その代わりレベルがガンガン上がるのでレベル上げの為だけにフィールドをうろうろする必要はあまりないかもしれません。後、これはかなり致命的な難点ですが、持ち物がいっぱいの状態でゲームの進行上必須アイテムの宝箱を開けるとそのアイテムが消失するバグがあります。宝箱を開けて消失してしまってからでは持ち物に空きを作っても手遅れなので常に持ち物欄には空きを作っておく必要があります。自分もこのバグに見事に遭遇して唖然としましたが、直前のセーブデータからやり直す事でなんとか進めました。ただこのバグ自体を知らなかったので原因がわかるまではかなり悩みました(笑)


進行不能になるバグに関しては擁護できませんが、それを除けばオリジナル要素もあってかなりいい作品でした。戦闘もコツを掴めばサクサクこなせるようになるのでエンカウント率の高さもそこまでは気にならないかも?


以上、個人的には結構オススメな作品です!

ロードス島戦記プレイ雑記その2

ロードス島戦記英雄戦争(MCD)


メガCD向けに発売されたロードス島戦記のゲームです。発売は1994年です。PCエンジン版の最初の作品から2年後の発売となりますが、こちらもオリジナルビデオアニメーションOVA)の影響を強く受けた作品になってます。


f:id:gamerihabiri:20190813173455j:image


PCエンジン版同様、当時としては大容量な光学メディア(CD)を使った豪華演出。上にも書いたようにOVAの影響…というか演出にOVAの映像をまんま使ってます。


内容はシミュレーションRPGでフィールドの探索を省いた(一部有り)戦闘に特化したゲームになってます。経験値が敵を倒したキャラクターにしか入らないのでそこを考慮に入れてゲームを進行しないと後で大変な目にあいます。一応、救済措置として街の施設でレベル上げが可能だったりするので詰む事はないかな?と。かく言う自分もこの手のジャンルに慣れてなかったせいもあって後半大変な目にあいました(笑)しかもレベルを上げたら上げたで一気にヌルゲー化…シミュレーションRPGをやりなれた人にとってはそうでもないかもしれませんが、自分みたいなあまりやり慣れてない人にはちょっとバランスが悪く感じるかもしれません。


ちなみにこちら原作小説の1巻のお話なんですが、続編の予定もあったそうで実現しなかったのは残念。OVAの映像を使った演出もあるのでお話としてはOVA準拠で予定していたのかな?と。ぜひプレイしてみたかったです。


さて、ゲームとしては個人的に難がある部分もあったものの楽しくプレイできましたしOVAの映像を取り込んだ演出は一見の価値がある作品だと思います。

ロードス島戦記プレイ雑記その1

ロードス島戦記/ロードス島戦記2(PCE)


ロードス島戦記が1992年、続編のロードス島戦記2が1994年の発売です。コンシューマゲーム機での発売はこのPCエンジン版が初となるんですが、PC版のロードス島戦記の発売が1988年なので結構間があいてます。1990年から1991年にかけて制作、発売されたオリジナルビデオアニメーションOVA)が異例のヒットを飛ばした事もあってその流れで企画されたんでしょうか?


f:id:gamerihabiri:20190807173819j:image


さて、ゲームとしてはPC版を参考にしているようで戦闘がタクティカル形式のRPGです。尚、PC版と書いてますが現時点で自分がプレイしてるのはMSX版のみになりますので以下の比較は正確にはMSX版との比較となります。


PC版ではクエストをこなす事で経験値をもらいレベルアップするというテーブルトークRPGTRPG)の流れを汲んでいましたが、こちらのPCエンジン版では所謂コンピュータRPGを遊んでいる人向けにいろいろアレンジしてあります。まずザコ敵との戦闘でもらえる経験値がPC版に比べ大幅にアップしていてフィールドのザコ敵を倒してのレベルアップがしやすくなってます。逆に言えばフィールドでザコ敵を倒してレベルアップする事が前提のゲームバランスになってます。PC版ではクエストに関わるイベント戦闘以外でもらえる経験値はすずめの涙程度だったので自分なんかはフィールドでの戦闘はほぼ全て逃げていましたが、PCエンジン版でそうはいかずある程度フィールド戦闘でのレベル上げが必要でした。ある意味遊びやすいゲームバランスになってます。


そして当時としては大容量の光学メディア(CD)を活用しての豪華な演出や音楽なども見どころです。冒頭にもあげたようにOVAのヒットの影響もあってか、特に1作目ではOVA準拠な演出が多々見られます。OVAのオープニング再現なんかも見どころのひとつですね。


f:id:gamerihabiri:20190807173830j:image


f:id:gamerihabiri:20190807173840j:image


PC版を除いて唯一続編が出ていてストーリーが完結しているのでロードス島戦記のゲームをプレイしてみたいという人にもオススメです。手間のかかるタクティカル形式の戦闘でも格下の敵ならば自動戦闘でサクッと戦えるのでプレイしやすいですね。コンシューマゲーム機でリリースされたロードス島戦記のゲームを一通りクリアまでプレイした感想としてもこのPCエンジン版は非常に高評価かつ完成度の高い印象です。


以上となります。今から遊んでみたいという人には本当にオススメです。ただゲームそのものは中古で価格的にも入手しやすかったりするんですが、ゲーム機本体がちょっとハードル高いかもです。それでもPCエンジンには名作ゲームがたくさんあるのでレトロゲームに興味のある人なら手を出しても損はないかと。

ロードス島を制覇したった

昨年小説版が30周年を迎えたロードス島戦記、当時から大好きな作品だったんですがゲームはMSX版しか遊んでなかった!?という事でコンシューマ版を買い集めてちまちまとプレイ&この度全作クリアしましたョ!


f:id:gamerihabiri:20190802142643j:image


過去にコンシューマでリリースされたロードス島戦記のゲームは以下。

ロードス島戦記PCエンジン/1992年7月発売)

ロードス島戦記 英雄戦争(メガCD/1994年5月発売)

ロードス島戦記2(PCエンジン/1994年12月)

ロードス島戦記スーパーファミコン/1995年12月)

ロードス島戦記 英雄騎士伝 GB(ゲームボーイ/1998年12月)

ロードス島戦記 邪神降臨(ドリームキャスト/2000年6月)

※発売順


PCエンジン版はPC版のアレンジ移植という感じかな?PC版に比べゲーム機でRPGをプレイしているであろう人向けのアレンジがされてます。PC版はこれまた元祖にあたるTRPGテーブルトークRPG)をコンピューターゲームにしたという感じでしたがそれをさらに遊びやすく?した感じでしょうか。当時としては大容量な光学メディア(CD)という事もあって演出やら音楽やらいろいろ豪華です。OVAオリジナルビデオアニメーション)のオープニング再現なんかは必見です。メガCD版はシミュレーションRPGという内容。こちらも光学メディアを活用してOVAの映像をそのまま取り込んだムービーシーンなんかもあって演出は豪華です。続編も予定されていたそうなんですが、残念ながら出なかったみたいですね。スーパーファミコン版はいわゆるRPGなんですが戦闘システムがちょっと変わってて面白い。タクティカル系バトルシステムなんですが敵の中にいる親玉を敵陣地の奥にある穴に落とすと経験値が多くもらえたりアイテムをドロップしやすかったりと特典が付きます。直接攻撃によるノックバックで押し出す事もできますが、その前に邪魔な敵がいても逆にそれを利用して連続して押し出すなんて事もできたりします。なので攻撃して倒すだけでなくチェスや将棋にような戦略もとれる面白い戦闘システム。ストーリーも章立てで魔神戦争以降に主要キャラクターが何をしていたのか?なんてところが語られていたりと面白かったです。カーラさんをプレイヤーが操作できる唯一のゲームでは?ゲームボーイ版はスゴロク風カードゲームです。フィールドがスゴロク、戦闘がカードゲームという仕様。戦闘のカードゲーム部分はなかなか面白いアイデアでぜひ続編での進化形を見たかったなと。ただ最終ステージのボスラッシュでの戦闘は原作(というかTVアニメ版?)を見てる前提でヒントも少なかったりとゲームとして微妙なところも。ドリームキャスト版はアクションRPGでなんと復活したベルドさん(記憶喪失)を操作するというオリジナルストーリー。記憶喪失とはいえベルドさんが…という原作ファンだとモニョる場面もあったりしますがゲームとしては抜群に面白かったです。このシステムでオリジナルキャラを作ってロードス島を自由に冒険できるゲームとかあったらぜひやりたい!というかどこか作ってくれません?


とまぁープレイした感想をザックリ書きましたが、せっかくなんで各作品についてもちっと詳細に感想でも書こうかな?と思っちょります。


さて、コンシューマゲーム機でリリースされたロードス島戦記の個人的TOP3をあげるとすれば…


1位:ロードス島戦記 邪神降(DC)


2位:ロードス島戦記/ロードス島戦記2(PCE)


3位:ロードス島戦記SFC


こんな感じです。ロードス島戦記のゲームとしてはいろいろ突っ込みどころはありますが、ドリームキャスト版はゲームとしてはかなり楽しかった事もあり第1位に。やり込み要素もあるのでまたプレイしたいですな。上でも書いてますが、このシステムを使ってオリジナルキャラでロードス島各地を冒険できるゲームをマジで作って欲しいなと。2位にはPC版を除き唯一続編かつ完結しているPCエンジン版(1と2をまとめて)をチョイスしました。PC版に近いシステムで遊びやすいかなと。戦闘がタクティカル系なので毎度ガチでやるのは面倒だなぁーという人には自動戦闘もあります。これからロードス島戦記のゲームを遊んでみたいなんて人にも進めやすい作品かなと。3位に選んだのはスーパーファミコン版。普通のタクティカル戦闘かと思いきや一風変わったシステムが面白かったです。カーラやベルド、ファーンをプレイヤーキャラクターとして操作できるのもポイント高い!


と以上です。なん年ぶりかにロードス島戦記の新作小説も発売されたりPC向けに新作アクションゲームが控えていたりと今後のロードス島戦記にも目が離せません。個人的にはPC98版のロードス島戦記を配信でプレイしたいのとロードス島戦記TRPGのルールを覚えていつかTRPGデビューを果たしたいなと思っちょります!

今月の戦利品〜レゲー買い漁り

はい、月末です。今月購入したレトロゲームはこちら。


f:id:gamerihabiri:20190725234254j:image


イース(2,980円)MKIII

仮面ライダー倶楽部(400円)FC

ゼルダの伝説神々のトライフォース(800円)SFC


以上3本です。今月は懐事情もあり少ないです。とはいえ念願のマークIIIイースをゲットできたのは嬉しい。あとは近所にある数は少ないですがレトロゲームも取り扱っていたお店が閉店セールをしていたので…とはいってもほぼ狩り尽くされた状態だったんですけどね。それにしても閉店は寂しいなぁーと。


とまぁー今月は以上です。レトロゲームはこれだけでしたが、セールやらで新作ゲームをポチったりアナログゲームをポチってみたりもしてるので遊ぶ時間が全然足りないのはいつもの通りです。ハイ(笑)

ロードス島伝説読了

ロードス島戦記に引き続きロードス島伝説(全5巻)を読み終わりました。


f:id:gamerihabiri:20190719171259j:image


ロードス島戦記本編で伝説級英雄達の若かりし頃の物語、面白かったです。フラウスを主人公にしたマンガ作品と違ってこちらはナシェルという若者をメインにしたお話になってます。


伝説として語られる魔神戦争が実際はどういったものだったのか?が語られる本作、やっぱり見所はあのファーンやベルド、ウォートやニースなどの若かりし頃の活躍ですね!


歴史として結末のわかっている本作ですが、これら英雄達がどんな思いでどんな活躍をしたのかが楽しめる作品としてワクワクしながら最後まで読みました。


ロードス島戦記の方は何度かゲーム化されてますが、伝説の方は何故ゲーム化されなかったんですかね?題材として魅力的だし主要メンバーを主人公とした主人公選択式のマルチストーリーとか面白そうなのに…とか思ったり。今からでも遅くはないのでどこか作りませんかね?


さて、これでロードス島戦記新作への準備は万端です。発売を楽しみに待ちたいなと思います!!

MSX BASIC ゲームにリトライ機能を付けてみた

プログラミングど素人のオッサンがMSXベーシックでゲームを作ってみたい!と悪戦苦闘する企画です。

以前の配信、そして先日の配信でにゃご (id:nyagbon)さんに作っていただいたプログラムの内容を一通り見ていったわけなんですが、まだまだ理解できない部分も多く勉強が必要だなと。ちなみに以前の配信の内容についてはブログにも書きました。

gamerihabiri.hatenablog.com

そして勉強の参考にさせていただいているにゃごさんのプログラムはこちらで公開して下さっておりまする。

nyagbon.hatenablog.com

さて前回はキャラクターの移動について理解を深めた訳ですが、今回はゲーム終了後にもう一度プレイするかどうかのリトライ機能を追加してみました。

f:id:gamerihabiri:20190711180729j:plain
こちらの1040行〜1080行が追加した部分です。元はGAME OVERE!と表示されてそのまま終わりだったんですが、その後にRETRY(Y/N)という設問を表示させてYキーを押したらゲームが再開、Nキーを押すとそのまま終了するようにしました。

1080行で1050行に飛ぶようにしてるのは、キーが入力されるまで待機させるためです。この処理がないとキー入力を待たずに次々と処理を進めて終わって(1090 END)しまうそうです。

あと1060行でYキーが押されたらゲームを再開するためにプログラムの最初の行に飛ぶようにしてるんですが、最初エラーが出てしまいました。どうやらスプライトのデータを二重に読み込む事になってしまったみたいでデータを読み込む前にRESTOREという一文を入れて解決しました。RESTOREはすでに読み込まれているデータをリセットしてくれる命令だそうです。ちなみにプログラムの最初(10行)に飛ばす代わりにRUNと記述してもゲームを再開できますが、この場合ゲームが完全にリセットされた状態でスタートされるので、まだ未実装ですがハイスコア表示を残したいなんて時にはこちらのやり方でいいみたいです。

さて前回、今回でプログラム内容を一通り見てきたわけなんですが、多少は理解できた部分はあるもののまだまだ勉強が必要だなと。特に当たり判定の記述がチンプンカンプンなので次回はここを重点的に勉強しようかと思っちょります。