Game ! Gamer ! Gamest !

レトロゲームを中心にゲームについてアレやコレやと

ゲームミュージック~イース

ゲームについてあれこれ書いている当ブログですが、ゲームの重要な要素のひとつ「音楽」についても触れておきたいなという事で前回MSX版エグザイルに付いていた日本テレネットさんのゲームミュージックアルバムについて書いた際にゲームミュージックカテゴリも追加しました。なもんでゲームミュージックといえば個人的に外せないイースについて書いておきたいなと。

f:id:gamerihabiri:20190321001423j:plain

残念ながらCDは今は手元にないんですが、iTunesのストアでミュージックフロムイース、ミュージックフロムイースII、ミュージックフロムイースIIIワンダラーズフロムイースはダウンロード購入済み。ファルコムさんは音楽配信にも積極的でいろんなサービスで購入できるのはありがたし。もちろんこの三枚のアルバムはヘビロテ上位です(笑)

というわけで個人的イース名曲トップ3を選んでみました!

まずは第3位・・・

 

翼を持った少年(イースIII ワンダラーズフロムイースより)

 

はい名曲です。自分が一番最初にプレイしたイースシリーズ作品てこともあって思い入れもありまくりです。

続いて第2位は・・・

 

FEENAイースより)

 

初代イースのオープニング曲です。当時はMSX版をプレイしていたので思い入れとしてはMSX版オープニング曲のOPEN YOUR HEARTのはずなんですが、いつの間にやら元祖オープニング曲のこちらがすっかり刷り込まれてました(笑)いやそれにしてもホント名曲です。聞いてるだけで目頭が熱くなりますね。

そして堂々の第1位は・・・

 

 

 

 

 

 


TO MAKE THE END OF BATTLE(イースIIより)

 

です!イースIIのオープニング曲!めっさテンション上がります!!この曲を聴くだけでわけもなく奮い立つ自分が(笑)

というわけで以上です。正直3曲に絞るのは無茶でした。ここに挙げてない大好きな曲も盛りだくさんでめっさ悩みまくり。一応上記各アルバムからまんべんなくと意識してたりもするのでもちっと好み全開でも良かったかな?と反省もしてみたり。ちなみに裏第1位は宝箱を開けた時に流れる効果音だったりします。あの曲を聴くと「あぁ〜イースだぁ〜」となるんですよね(笑)

イースI・II・IIIから3曲を選ぶとかちょっと無茶すぎたので今度は各作品からトップ5を選ぶくらいでまたやろうかな?と思ってます。

ミュージックフロム イース - ファルコム・サウンド・チーム・JDK

ミュージックフロム イースII - ファルコム・サウンド・チーム・JDK

ミュージックフロム イースIII ワンダラーズフロムイース - ファルコム・サウンド・チーム・JDK

MSXベーシックでゲームを作ってみたい!

というわけで勢いで始めてしまったネタですが、ニコ生で先日2回目の配信をしました。1回目は自分のアイコンキャラクターを使ってにゃごさんが作ってくださったプログラムをひたすら入力して動かしてみるという事をやったんですが、2回目ではそのプログラムの中身を少しでも理解してみようかと。

ちなみに1回目の配信の時に入力したプログラムはにゃごさんのブログで公開されてますので興味のある方はぜひ。

nyagbon.hatenablog.com

さらに改善されたプログラムも公開されてます。

nyagbon.hatenablog.com

さて1回目で入力したプログラムの内容を見ながらリスナーの方に助言をいただきつつ悪戦苦闘しながらも少しは理解できてきたかな?という感じです(笑)とはいえまだまだなので今後も精進が必要ですな。

んで、前回のプログラムからキャラクター操作の部分を発展させてみました。4方向移動のキャラクターの記述をシンプルにしてさらに斜め移動もできるように!そのソースがこちら。

f:id:gamerihabiri:20190314155422j:plain

340〜375行までが改変&追加した部分です。ST=数字は、ジョイスティックを操作した時にどちらの方向が入力されているかという事みたいです。例えば340行目のIF ST=1というのは「もしジョイスティックの上が入力されたら」でTHEN以降の記述を実行します。ここではY=Y-8でY軸(縦軸)を「8ドット上へ移動」します。尚、ST=1の後にあるAND Y>0という記述はキャラクターが画面から飛び出さないように限界を指定しているそうです。縦移動(Y軸)の時はY軸の制限、横移動(X軸)の時はX軸の制限、斜め移動の時はX軸Y軸ともに制限しています。

ST=の後に入力する数字は上方向が1でそこから時計回りで8まで指定できます。イメージとしてはこんな感じ。

f:id:gamerihabiri:20190314155447j:plain

元のプログラムから340行、350行、360行、370行を改変してさらに斜め移動の記述(345、355、365、375行)を追加しました。そしてプログラムを実行(RUN)したところ・・・

f:id:gamerihabiri:20190314155505g:plain

おぉ!斜め方向にも動いちょる〜〜〜!!

なんか理解できた気がします!あくまで「気」ですが(笑)

今後も内容を勉強しつつ少しづつ発展させていけたらなぁ〜と思っちょります。

ゲームコミック~ザナドゥ

今回のゲームコミックはファルコムさんの往年の名作アクションRPGザナドゥ」です!

f:id:gamerihabiri:20190308215247j:plain

国内のパソコン向けゲームとしては異例の大ヒットを飛ばし約40万本という売り上げ記録は2015年の時点でまだ超えたものがない(ウィキペディア情報)という国産コンピュータゲームの金字塔的な作品。こちらはそのコミカライズ作品です。

ちなみにコミック表紙はMSX(ROM)版ザナドゥといっしょ!

f:id:gamerihabiri:20190308215321j:plain

MSXザナドゥフロッピーディスク版とROM版がそれぞれ移植されていて後発移植のROM版ではアレンジも加えられていて遊びやすくかつ評価も高いものになってます。

さて、内容はといえばいきなりSF展開でちょっとビックリ。まぁその後はがっつりファンタジーしてました。魅力的なキャラクターが織りなす大冒険!ちなみに作者の都築和彦さんは当時ファルコムの中の人でイースのマニュアルイラストなんかも担当してた人です。

f:id:gamerihabiri:20190308215351j:plain

ザナドゥコミックスにもちゃんと「日本ファルコム(株)」と記載がある通り公式コミカライズ作品だったりします。

本コミックスには巻数を表す「1」が記載されてますが残念ながら続きは出なかった模様…それに関してこんなまとめを見つけました。

作者の都築和彦さんが当時の裏事情をTwitterでつぶやかれたのがまとめられてます。まとめのタイトルに「出版社の社員~」と間違った情報が記載されてますが、まとめた人が間違えたんでしょうね(^^;)

そんなわけで幻となってしまった続きを残念に思いつつも当時の名作アクションRPGのコミカライズ作品を堪能しました。

ゲームミュージック〜日本テレネット

先月購入したMSX版エグザイルの中にこんなものが入ってました。


f:id:gamerihabiri:20190304212519j:image


どうやらゲームに同梱されていた非売品CDみたいです。ちまたではそれなりのお値段で取り引きされてるとかでこれはラッキー!


こちらのCDは日本テレネットのゲーム曲が入ったアルバムみたいですな。収録曲はこちら。

 

1. THE FANTASM SOLDIER VALIS

2. NIGHTS OVER THE EGYPT

3. MEDLEY PART I

・MISTY PYRAMID

・EAGLE

・天の怒り・地の慟哭

FLASH OF SWORD

・GRAND CROSS

ゴーギャンの靴

4. FINAL ZONE

5. BREEZE OF SPRING

6. BRIGHT MORNING

7. MEDLEY PART II

・THE MYTHOLOGY

・THE WILDERNESS

・STREET FIGHTIN’ BOOGIE

・すったかもんだら 三度笠

・DREAM BALL DANCE

・五衛門 至上の愛

8. MISS BLUEに 微笑みを

9. ROMANTIC HELL

X・Z・R SPECIAL

10. スフラワルディー

11. ラーガ・バゲシュワリ

 

んでもって収録曲のゲーム一覧がこちら。


夢幻戦士ヴァリス

神羅万象

女神転生

・LUXSOR

・FINAL ZONE

・紫醜羅

・ANDOROGYUNUS

プロ野球FAN

・XZR


日本テレネットゲーム音楽はなにげにカッチョいいものが多いのでこれは嬉しいオマケでした!

ゲームコミック〜魍魎戦記MADARA

1987年よりゲーム誌「マル勝ファミコン」にて連載されていた「魍魎戦記MADARA」はゲーム誌連載という事もありゲームをかなり意識した作品です。登場キャラクターのパラメータ表示などがまさにそれ。後にゲーム化もされたりと様々なメディアで展開されたメディアミックスの先駆け的存在。そんな当作品ですが、当時も読んでいて面白かったなぁーという事で久しぶりに読み返したくポチってみました。


f:id:gamerihabiri:20190301173123j:image


108編からなる物語を主要キャラクターが転生しつつ綴っていくという壮大なものらしいのですが…正直広げた大風呂敷を畳めてなかったような(笑)読み返してみると当時自分が読んだのは4巻(第一部完?)までで転生後のお話は読んでなかったみたいです。せっかくなのでこの全7巻のコミックスはもちろんその他にも展開されているMADARAサーガ?をアレコレ探して読んでみたいなと思っております。


そして今回MADARAを読み返してみたくなったキッカケがファミコン魍魎戦記MADARAの実況プレイを見てだったりするので、ぜひゲームの方も久々に(当時プレイ済み)遊んでみたいなぁーと。


そうそう、冒頭でメディアミックスの先駆け的存在と書いてますが、この作品自体が過去のいろんな作品をミックスしたような作品(設定)だったりもします。有名なところだと手塚治虫さんの「どろろ」だったりとオッサンが読んでニヤリとするネタが多々あります(笑)元ネタを知らない人が読んでも「この元ネタはなんじゃろ?」という楽しみ方もできるいい作品ですよ!

今月の戦利品〜レゲー買い漁り

はい、月末です。今月購入したレトロゲームはこちら。


f:id:gamerihabiri:20190227002140j:image


ICO(500円)PS2

九龍妖魔學園紀(500円)PS2

魁!!男塾(500円)PS2

ジョジョの奇妙な冒険(250円)PS2

魔界転生(300円)PS2

スレイヤーズ(1,080円)PC98

・エグザイル(3,980円)MSX


以上7本です。安かったというのもあって今月はPS2のゲームが多いです。PS2のゲームはまったくもって家庭用ゲーム機から離れていた時期なのでどれも初見だったりするので楽しみです。ICOは評価の高いアドベンチャーゲームとして名前だけは聞いた事があったのでこの機会にぜひプレイしてみようかと。九龍妖魔學園紀はニコ生配信でリスナーの方におすすめしていただいていたので買ってみました。魁!!男塾ジョジョ魔界転生は完全にタイトル買いです(^^;)吉と出るか…凶と出るか…笑。PC98のスレイヤーズもタイトル買いですね。スレイヤーズ自体は思い入れのある作品(主にアニメ)だったので安かったのもあって試しにと。最後のエグザイルは前々からプレイしてみたいと思いつつ未プレイだったのでこの機会にと。


というわけで今月は以上です。それではまた次回!

ペルソナ5クリア後感想

年末年始の休みから本格的にプレイし始めたペルソナ5をようやくクリアしました。ペルソナシリーズは3作目と4作目をプレイしてますが今作もめっちゃ楽しかった!


f:id:gamerihabiri:20190220180835j:image


というわけでクリアの余韻に浸りながらの感想をば。ネタバレしないよう書くつもりなのでふんわりした感じになると思いますがそこはご容赦を(^^;)


さて、今作もシリーズお馴染みの戦闘システムは健在です。今となっては古くさいと言われてしまいがちなコマンドバトル方式を楽しく進化させた秀逸なシステムです。そしてラスボスの盛り上げ方もテンション上がりまくりでした。いやホントめっさ楽しめました。やり切れてない部分もあるのでちょっと時間を置いて2周目もプレイしたいと思ってます。


で、3月になにやら新展開もあるそうでそちらも楽しみだったり。追加要素のある完全版?それとも別のナニカ?何はともあれ情報公開まで首を長くして待ちたいなと。


ストーリー部分の感想にも触れたいところですが、そこはネタバレ要素満載になってしまうのでガマンしつつ感想を述べるなら…やっぱり「楽しかった!」の一言につきますな。いやホント面白かったです。国内だけでなく海外にも熱狂的なファンがいるそうで次回作にも期待ですね!んでもってシリーズ未プレイの1作目と2作目にもそのうちチャレンジしてみたいなと思ってます。


いやぁーえがったえがった(余韻に浸りつつ