やっぱりアクションRPGは面白い!!

レトロなゲームだけでなく新作ゲームも遊ぶお!という事で最近プレイした国産アクションRPGがめっさ面白かったんでやっぱりアクションRPGは面白いなと再確認した今日この頃です。

 

んで最近プレイしたアクションRPGってのがダークソウル3とイースVIIIの二本です。ダークソウルシリーズは国内だけでなく海外でも評価の高いゲームって事で気にはなってたんですが、高難易度死にゲーって事でビビってました。そんなところにDLC含めた完全版が4月に発売されるという話を聞いて「よっしゃ!いっちょやってみるかっ!」てな感じでポチってみたところガチハマりしました。確かに難易度も高く繰り返しボコられる死にゲーなんですが、試行錯誤しながら少しづつ進めていく達成感!苦労してボスを倒した瞬間は脳汁出まくりです(笑)とかいいつつまだクリアは出来てないんすけどね。さすがの歯ごたえでクリアまでにはもうしばらくかかりそうです。

 

f:id:gamerihabiri:20170718204625j:image

 

f:id:gamerihabiri:20170718204642j:image

 

もうひとつのイースVIIIはクリア済み。高難易度2周目はダークソウル3クリア後にやろうかと思っちょります。こちらは昨年発売されたVita版をプレイしているので面白さは保証済みだったんですがやっぱり面白かった!同じアクションRPGなんですが方向性は別モノで、こちらはひたすら爽快なアクションが楽しめます。まぁ高難易度ボス戦なんかは死にゲーになりますが(笑)

 

f:id:gamerihabiri:20170718204654j:image

 

f:id:gamerihabiri:20170718204720j:image

 

重厚な雰囲気で難易度の高いアクションを楽しめるダークソウル3、幅広い難易度で爽快なアクションを楽しめるイースVIII、一粒で二度美味しいならぬ二粒で四〜五度は美味しい二作品です。ちょうどダークソウル3の合間にイースVIIIをプレイしたってのもメリハリが効いて良かったのかも。

 

さて、アクションRPGといえばゲームの中でもそれなりに歴史を持つジャンルです。となると元祖的作品てなに?と気になります。ちょろっと調べたところでは、このジャンルでの国内の元祖的な位置付けにあたる作品がドルアーガの塔1984年7月)、ドラゴンスレイヤー1984年10月)、ハイドライド1984年12月)といった作品群。発売順でいえばアーケード版ドルアーガの塔が最初になりますが、まだこの頃はアクションRPGというジャンルが確立されておらずアクティブロールプレイングゲームなどと呼ばれていたりもしたそうで、上記作品以降徐々にアクションRPGというジャンルが確立されていったそうな。またアクションRPGの前身的ジャンルとしてアクションアドベンチャーゲームも考慮に入れておいた方がいいのかも。アクションアドベンチャーゲームに成長要素を加わえることでアクションRPGというジャンルが生まれたという部分もありそうです。もちろんコンピュータRPGにアクション要素を加えたという方向性もあります。なにぶん知識がなくちょろっと調べただけなのでここら辺詳しい方がいればぜひご教授願いたい。

 

ただ上記作品以降言えるのは前身がコンピュータRPGだろうがアクションアドベンチャーゲームだろうが、その後ハードウェアの進化とともにアクションRPGというジャンルが目まぐるしい進化を遂げているって事は確かです。そして今なお色あせないジャンルとして、それどころかゲームを代表するジャンルとして存在しているってのはスゴいですね。

ベルトスクロールアクションはやっぱり面白いゾ

最近すっかり目にしなくなってしまったジャンルのベルトスクロールアクションゲーム。懐かしのゲームを遊んでいるとやっぱりこのジャンル面白いゾ!となるわけですよ。んでこのジャンルの名作といえばカプコンファイナルファイトが有名です。1989年にアーケードゲームとしてリリースされその後に様々なプラットホームへ移植されました。ちなみに当初はストリートファイターの続編として作られてたそうな。その後ストリートファイターの続編としては格ゲーブームの火付け役でもあるストリートファイターIIがリリースされファイナルファイトは別ゲーとしてリリースされました。

 

さてさてそんなベルトスクロールアクションゲームの一応の元祖といえば熱血硬派くにおくんです。ちなみにこちらは1986年の作品です。こちらもいろいろ移植され、さらにシリーズ化もされてベルトスクロールアクション以外の派生作品なんかもあったりします。そんなくにおくんですが「一応の元祖」と言ったのはベルトスクロールアクションゲームのシステムを確立したのはダブルドラゴンかなぁ〜とか思ってたりするからです。ちなみにダブルドラゴンくにおくんと同じくテクノスジャパンが開発した作品です。

 

f:id:gamerihabiri:20170710214901j:image

 

さて、一時期は多様な作品がリリースされていたベルトスクロールアクションですが、最近はホント目にしなくなりました。上記作品なんかは今遊んでも楽しいのに寂しいですね。ベルトスクロールアクションというジャンルで最近の作品といえばドラゴンズクラウンがありますがこれも4年前の作品です。ちなみにですがドラゴンズクラウンは今でもちょいちょいプレイしてたりするほど好きな作品だったりします。ハクスラ要素と大ボリュームなエンドコンテンツがあるのでまだまだ楽しめそうです。

 

というわけでこんなに面白いジャンルなのに新作が出ないのはもったいない!というか新作を出してくれ!ちゅーかいろんなベルトスクロールアクションゲームが遊びたいお!!という事でこのジャンル復活しないかなぁ〜とか懐かしのゲームをプレイしながら思う今日この頃です。

レトロゲーム購入の壁〜小市民です

はい正確にはプレミア価格のレトロゲーム購入の壁です。

 

大人(オッサン)になってからゲームに復帰したので大人の財力で昔遊べなかったゲーム含めアレコレ買ったんでぇ〜とか思ってる今日この頃です。

 

しかーし!中には今だからこそプレミア価格になってるものもちらほら。とはいえ数千円から1万円程度でなんとかなるものがほとんどだったりします。まぁ中にはビックリするような価格のついたプレミア品もあったりしますが・・・

 

f:id:gamerihabiri:20170704222545j:image

 

そんな特別な一品は別にしてほとんどの(プチ)プレミア品ならよくよく考えれば購入に躊躇するような価格ではなかったりもするんですよねぇ〜

 

なのに!なのに!!なぜか購入を躊躇してしまってる自分がいたりします。うぅ〜む(ー ー;)

 

その理由は・・・他のレトロゲームが安価に手に入るからですなっっっ!

 

数百円で懐かしのゲームがサクサク変えてしまう状況で数千円から1万円クラスのものになるとやっぱり躊躇してしまいます。はい小市民です。

 

とはいえそんな理由で躊躇してたのでは当時子供だったという理由(金がない)で買えなかった頃となんも変わってないやんけ!と。やはりここは大人(オッサン)になったんだから財力(かなり限りはありますが…)にものをいわせて遊びたいゲームを遊ぶべし!という自戒の念を込めた本記事です(笑)あ、あと躊躇していたら手の届かない価格まで高騰してしまったゲームとかもあるんで手の届くうちに買っときなさいと自分に言い聞かせてます(笑)

今月の戦利品〜レゲー買い漁り

はい、月末です。今月購入したレトロゲームこちら。

 

f:id:gamerihabiri:20170627182720j:image

 

聖剣伝説3(1,000円)SFC
ファイナルファイト(1,000円)SFC
キャプテン翼(500円)FC
半熟英雄(648円)FC
ガントレット(8,280円)MD

 

以上の5本です。最近聖剣伝説コレクションなるものが発売されて久しぶりにプレイしたいなぁーと思ってたんですが、初代(GB)、二作目(SFC)は持っているですが三作目は持っていなかったんでゲットしたりました。ちなみにスーファミ版の二作目と三作目は当時プレイしてクリア済みだったりしますがどちらもいい作品ですよね。ファイナルファイトベルトスクロールアクション好きならやはり持っておかんといかんべさって事で箱付き説明書付きのものが比較的安価だったので購入。キャプテン翼は某生主さんが最近リリースされたスマホゲームを実況プレイしていたのを見てファミコン版がモーレツに遊びたくなったのでゲット。半熟英雄は秋頃にスマホに移植されるとかゆー話を聞いて久しぶりにプレイしたいなーと。この作品も当時よく遊びました。んでもってプチプレミア価格なメガドラガントレットをついに購入。当時プレイしていたのはアーケード版でしたが久しぶりにプレイしたと思いつつちと価格的に躊躇していたんですが買っちゃいました。久しぶりに遊んだんですがやっぱり面白い!ガントレット!!

 

というわけで今月はこんな感じです。本数的にはそんなでもないですが今月はなかなか濃い感じのラインナップかな?と。

PS4版イース8のオマケ要素で考える1&2リメイク

PS4イース8で追加されたオマケ要素にパーティーメンバー数の変更があります。この機能を使えばかつてのアドルくん一人旅も再現できますね!って事で試してみました。

 

f:id:gamerihabiri:20170614210414j:image

 

さて試してみてこれでも十分楽しめる!という結論に。んでその結論を受けてふと思ったのが今のシステムでイース1&2をリメイクしてもいいんじゃね?と。

 

イース1&2は過去に何度かリメイクもされてVitaなどの現行ゲーム機でも一応遊べたりしますが、さすがにゲームシステムの古さは否めません。しかーし今回PS4版で追加されたオマケ要素でパーティーじゃなくてアドルくん一人でも楽しめる事がわかったんでリメイクを期待する気持ちがふつふつと。というか最新のシステムで1&2リメイクとか胸熱じゃね?とか考えてます。

 

次のリメイクは5作目というウワサもありますが、アドルくんの最初の冒険となった伝説の作品をぜひ今のシステムで遊んでみたい!息の長いシリーズ作品なので最近プレイした人の中には初期作品を知らない人も多いかもしれません。イース8をプレイして楽しめた人にぜひシリーズ最初の作品からプレイして欲しい!けどさすがに古い作品(現行の1&2リメイクも含め)なので・・・となった時に最新のシステムでリメイクされた1&2が出たらなぁ〜とか思うわけですよ。シリーズ唯一の続きモノである1&2なら1本にまとめればボリュームも確保できそうです。どうですかね?ファルコムさん!

イース8はやっぱり神ゲーだった

PS4イース8とりあえずクリアしました。Vita版から換算して3周目となる今作ですが、PS4版一周目は前菜です。これから引き継ぎ要素ありで本番の高難易度二周目(換算で4周目w)をプレイする予定。

 

と、それはさておきやっぱり面白い!というか

 

面白い!

 

もう一人の主人公ダーナさん、Vita版でもガッツリやられましたが、PS4版で追加された要素で設定にさらに厚みが増してもうオッサンの涙腺を崩壊しにかかってきます。というか崩壊しましたw

 

f:id:gamerihabiri:20170613221353j:image

 

トーリーを知っているだけに途中ちょいちょいウルっとくる場面もあったりしますが、もうね、わかっていてもこの場面(上画像)で涙腺崩壊っすわぁ〜もうなんすかぁ〜この笑顔はズルいっすわぁ〜(笑)

 

さて高難易度プレイの前にPS4版で追加されたやり込み要素部分も堪能しておこうかと思います。あともちっとアドルくんのステータスも上げておきたいかな?そんなこんなでまだまだ楽しめそうな今作ですが、ちょっと気が早いですが次回作もめっちゃ期待してますョ!!

今月の戦利品〜レゲー買い漁り

はい、月末です。今月購入したレトロゲームはこちら。

 

f:id:gamerihabiri:20170526204509j:image

 

ドラゴンクエストVII(250円)PS
・THE ダブルシューティング(1,380円)PS
ゼルダの伝説ふしぎの木の実時空の章(500円)GB
ゲームボーイギャラリー2(250円)GB
・覇邪の封印(400円)FC

 

以上の5本です。覇邪の封印はすでに持ってたりするんですが、外箱付のフィギュアとマップ有り(説明書のみ欠品)のものを見つけたのでゲット!このゲーム、付録のマップが超重要なので見つけた時は小躍りしました(笑)THE ダブルシューティングはタイトーの名作シューティングゲームレイストームレイクライシスの2本が入ったお得なパッケージ。某生主さんの実況プレイを見てモーレツに遊びたくなったのでゲットしました。レイストームは当時ゲーセンでハマってたのでプレイするのが楽しみです。

 

その他
プレイステーションメモリーカード

 

んでもってようやくプレステのメモリーカードも手に入れました。サターンのパワーメモリーもいっしょに探したんですがこちらは見つからず・・・残念。