バビロニアン・キャッスル・サーガ

ドルアーガの塔シリーズもといバビロニアン・キャッスル・サーガの完結作がスーパーファミコンでリリースされてたのを知ったのは意外と最近の話で、しかもアドベンチャーゲームとは!?て事でシリーズ最終作でありながら異色作でもあったりします。そのせいもあってか超有名シリーズの完結作にもかかわらずあまり知名度がないような・・・というか自分は最近になるまで知りませんでした(^_^;)

 

そんなシリーズ完結作こと「ザ・ブルークリスタルロッド」をプレイしてみたんですがマルチエンディング等々当時しては目新しい事をしてたのかな?と。ただゲームとしては・・・うーむ(笑)ギルとカイのその後がどうなったのか気になるシリーズファンならプレイしてもいいのかな?くらいの感じですかね個人的には。

 

さてさて、そんなシリーズ(バビロニアン・キャッスル・サーガ)の代表作といえばなんといっても「ドルアーガの塔」ですな。当時遊んでたのはアーケードではなく主にファミコン版でしたがめっちゃ楽しんでた思い出が。酷すぎる謎解き要素に頭を抱えつつも友人とプレイしてたなぁーと。以前の記事でも触れましたが元祖アクションRPG的な位置付け作品でもあったりします。

 

同じくファミコンではドルアーガの塔の前日譚にあたる「カイの冒険」もリリースされました。こちらの作品は当時名前だけは知っていたもののほとんどプレイしていなかったりする作品なんですが、高難易度アクションゲームとして今遊んでも面白いですね。独特なジャンプアクションを駆使して進む歯ごたえある作品です。

 

ドルアーガの塔の続編になるのが「イシターの復活」こちらはカイの冒険より前のリリースです。元はアーケード作品ですが当時プレイしたのはPC版だったかな?友人宅で二人で遊んだ思い出が。ギルとカイの二人のキャラクターを操作する事が前提なので一人プレイだと二キャラを同時に操作しないといけないというシリーズお約束の不親切設計(笑)ただ当時PCゲームへの憧れもあって思い入れのある作品でもあったりします。

 

そんなシリーズ作品を振り返ってみた動画がこちらです。

 

www.nicovideo.jp

 

うーんいいなぁー(笑)もちろんシリーズ作品すべて入手済みなので全クリア目指してプレイし直そうかと思っちょります( ̄^ ̄)ゞ