ベルトスクロールアクションはやっぱり面白いゾ

最近すっかり目にしなくなってしまったジャンルのベルトスクロールアクションゲーム。懐かしのゲームを遊んでいるとやっぱりこのジャンル面白いゾ!となるわけですよ。んでこのジャンルの名作といえばカプコンファイナルファイトが有名です。1989年にアーケードゲームとしてリリースされその後に様々なプラットホームへ移植されました。ちなみに当初はストリートファイターの続編として作られてたそうな。その後ストリートファイターの続編としては格ゲーブームの火付け役でもあるストリートファイターIIがリリースされファイナルファイトは別ゲーとしてリリースされました。

 

さてさてそんなベルトスクロールアクションゲームの一応の元祖といえば熱血硬派くにおくんです。ちなみにこちらは1986年の作品です。こちらもいろいろ移植され、さらにシリーズ化もされてベルトスクロールアクション以外の派生作品なんかもあったりします。そんなくにおくんですが「一応の元祖」と言ったのはベルトスクロールアクションゲームのシステムを確立したのはダブルドラゴンかなぁ〜とか思ってたりするからです。ちなみにダブルドラゴンくにおくんと同じくテクノスジャパンが開発した作品です。

 

f:id:gamerihabiri:20170710214901j:image

 

さて、一時期は多様な作品がリリースされていたベルトスクロールアクションですが、最近はホント目にしなくなりました。上記作品なんかは今遊んでも楽しいのに寂しいですね。ベルトスクロールアクションというジャンルで最近の作品といえばドラゴンズクラウンがありますがこれも4年前の作品です。ちなみにですがドラゴンズクラウンは今でもちょいちょいプレイしてたりするほど好きな作品だったりします。ハクスラ要素と大ボリュームなエンドコンテンツがあるのでまだまだ楽しめそうです。

 

というわけでこんなに面白いジャンルなのに新作が出ないのはもったいない!というか新作を出してくれ!ちゅーかいろんなベルトスクロールアクションゲームが遊びたいお!!という事でこのジャンル復活しないかなぁ〜とか懐かしのゲームをプレイしながら思う今日この頃です。