某赤毛の主人公と一緒に船には乗りたくないなぁ

イースシリーズ最新作「イースVIII Lacrimosa of DANA」めっちゃ面白かったです。とりあえず難易度ノーマルで1周、ナイトメアで1周の計2周クリアしました。以下、多少ネタバレありますのでご注意を。

 

今回の舞台は無人島?です。そして今回も?赤毛の主人公ことアドルくんはいきなり漂流します。ここらへんはある意味シリーズの様式美的な何かがあるのかも。

 

f:id:gamerihabiri:20160919154613j:image

 

漂流直前に所持していたシリーズ内時系列の前作での最強剣をいきなり無くします。シリーズで新作事にアドルくんの装備が初期化されるのはゲーム上仕方がないんですが、それについて具体的に描写したのって今作が初では?

 

シリーズ最新作という事でいろいろ新しい要素も追加されてるんですが、シリーズを重ねてブラッシュアップされている部分も見逃せません。なんと言っても今作での探索してる感はかなりいいです。主人公のアドルくんになりきって無人島を探索するのはまさにロールプレイング!という感じでした。シリーズ目玉のアクションも爽快感バツグンでめっちゃ楽しめました。

 

さて、今作でもパーティ制が導入されてます。過去作ではパーティ制であっても主人公はあくまでアドルくん一人でした。しかーし、今作ではイースシリーズ初のダブル主人公になってます。で、もう一人の主人公ダーナさんがめっちゃいいキャラクターなんですよね。今作は限られた空間(無人島)という事もあり、登場するキャラクターが脇役にいたるまで掘り下げられていて愛着がわきます。そんな中でもダーナさんは個人的に頭ひとつ抜けて愛着のわくキャラクターでした。エンディングの「あの笑顔」にやられた人も多いかと思いますが、もちろんやられました。あの笑顔を見るためだけにまたクリアしたくなるほど。

 

そんな愛着のあるダーナさんですが、今作の主人公の一人であるとともにヒロインの一人でもあります。ヒロインと言えばアドルくんの黒いウワサ(笑)が絶えませんが、それは置いといてダーナさんの話です。個人的なイースシリーズ最高のヒロイン(最強のヒロインはエレナさんとのもっぱらのウワサですが)は初代という事もあり非常に思い入れのあるフィーナさんだったんですが、ダーナさんはフィーナさんに匹敵するポジション(私的ランキング評)を獲得しました。そう言えばダーナさんとフィーナさん、設定等重なる部分も結構あるかな?とか思ったり。これについてもいろいろ語りたいんですが、かなりのネタバレになるので控えます。

 

来年にはPS4版のリリースも予定されてます。すでにVita版で2周かつトロフィーコンプリートするくらいには遊びこんでますが、PS4版がリリースされたらまた買っちゃいそうです。可能ならばグラフィックや操作性の向上だけでなくなんかしらの追加要素があるとうれしいなと。

 

今作で最後無事無人島から脱出したアドルくんですが、シリーズ時系列ではこの後の冒険(ナンバリング的には6が該当)でまた漂流してるんですよねぇ…アドルくんと一緒に船には乗りたくないなぁ…